4尾根

今回は、北岳バットレスに行く「岩ノボラー」と、白嶺3山を縦走する「山ノボラー」2つに分かれての山行でした。夜の9時に筑波を出て、広河原の駐車場に着いたのが1時過ぎ。そこから仮眠を取って、2パーティーとも3時出発。2又で別れる。
岩ノボラー組はここに荷物をデポして、取り付きを目指す。初日の今日は4尾根を登ることにしていたのでBガリーの取り付きより登る。先行パーティーが一組いたので、順番待ちをしながら登る。Bガリーはロープを出して確保するけど、2ピッチでおしまい。その後めちゃくちゃもろい草付きバンドトラバースと、Cガリー(これまたもろすぎ!)をトラバースして、大テラスにたどり着く。大テラスからは富士山がよく見えて最高!!
いよいよ4尾根の登攀開始。各ピッチとも岩は硬いしグレードも楽!その後マッチ箱から懸垂で降りてしばらくのボルト終了。ロープをしまって15分くらい踏み跡をたどると、山頂への稜線に出る。そこから5〜10分で北岳山頂。今日は朝から動いていたので、2人ともぼーっとしてしばらく寝る。その後は八本場から2又まで歩いて荷物を回収し、お池の小屋へ。お池の小屋は1晩500円で、水もトイレもしっかりしてて良いサイトでした。早めに夕食を済まして寝る。お池の小屋はクライマーでごった返していた。

ピラミッドフェース

翌日、2時から行動を開始するパーティーがありまわりのテントからも、準備の音が聞こえてくる。今日は3時に起きて、朝食を食べてテントをたたみ行動開始。荷物は2又にデポして、Dガリーを目指す。(Dガリーへのアプローチは、赤ペンキで大きく岩にかいている・・・悲しいね)さすがに3連休の中日なので、薄暗闇の中取り付いているパーティーがいた。アプローチでいくつかのパーティーを若さで抜いてきたので、ピラミッドフェースは1番に取り付けた。
ピラミッドフェースの取り付きは、Dガリー大滝の右側なんだけど、2ピッチ登るともろい草付きをトラバースしなければならない。Dガリーや、5尾根から取り付いているパーティーもあるようで、今度来ることがあったらそうしようと思った。核心のこのピッチを終えたあたりで雨が降ってきたため、4尾根より懸垂で降りる。4尾根は登ってくるパーティーも多いし、もろいC ガリーが嫌だったので、逆方向に踏み跡をを追って歩いていくと、Dガリー付近まできてしまった。結局登ってくるパーティーを待ってDガリーから降りることにしたが、Dガリーは落石が多く、自分たちの甘さを感じた。こんなことをしているといつか死んじゃうと思って反省をした。
広河原まで降りると、町営の浴場に行く。(名前は忘れたけどクライミングウォールがあるところ)いつものことだけど高速は大渋滞でうんざりしながら筑波まで帰ってきました。
トップページへ

活動TOPへ