冬・北岳、白嶺三山縦走ソロ
2003.1.6~9

年末から長野にいたけれど、野外教育クラブのキャンプに遊びに行ったり、こーじ、しまぞー、タクミとスキーをしたりで、山に入ったのは1月5日。夜叉神から入ろうと思っていたけれど、山の神までしか入れない。結局下山路の奈良田にまわり林道を歩き沢橋まで歩くことにする。車中で仮眠をとる。早朝から林道をひたすら歩く、トレースはついているが膝までのクラスと状態の雪でかなり歩きにくい。結局歩き沢橋まで5時間かかった。夜叉神からは行ったらもっと楽かも知れないけれどマイカー登山の僕には、下山路に車がある方が精神的に楽だ。歩き沢橋ではテントの後があった。早速の急登をのぼるすぐにアイゼンをつけることになる。はじめのころは他パーティーのトレース(おそらく年末のもの)を追うが、しばらくすると雪に覆われて無くなってしまう。ワカンをつけてひたすら膝〜腰ラッセル。小屋が見えたとき疲れ切っていたため最短距離を進もうとするが、腰〜胸下ラッセルでよけいに体力を奪われてしまった。池山御池小屋付近でテントを建てて潜り込む。疲れ果ててすぐに眠ってしまった。樹林帯ではキツネ・ウサギ・カモシカの足跡が無数にあった。
4:30奈良田発電所前−歩き沢橋10:00-池山御池小屋15:00

ルートが分からなかったので明るくなる6時に出発。ボーコン沢の頭まで、昨日同様に膝〜腰までのラッセル。いい加減うんざりしたところでようやくボーコン沢の頭につく。バットレスが目に飛び込んでくる。「状態が良ければ、バットレス4尾根登攀も・・・」と思っていたが、一目で圧倒されてしまう。しばらくボーゼンと眺めた後八本場のコルを通過する。雪が多く懸垂で一回ロープを使用した。結局ロープを使ったのはこのときだけで、カラビナ、ヌンチャクもただの重りだった。つらい登りの後ようやく吊り尾根分岐。ザックをデポし、北岳往復。天気がいい。山頂から下り始めると右膝に違和感を感じる。どうやらラッセルで潜った足を無理矢理引っこ抜いたときに膝を変な方向にひねったらしい。何とか北岳小屋に到着。公布の夜景がキレイだった。
6:00御池小屋発−11:00ボーコン沢の頭−吊り尾根分岐15:00−17:30(北岳往復の後)北岳小屋

 

上部はクラストした雪にトレースが残っていたため、5時頃明るくなり始めるころに出発した。足は相変わらず痛く曲げ伸ばしがつらい。間の岳を過ぎ農鳥小屋を過ぎてしばらくすると、ポイントの雪壁。シャフトまでの入るグサグサの雪で、アイゼンをけり込んでも手応えがない。まっすぐ登り始めたものの、恐怖を感じてしまい、左の岩稜へトラバース。緊張するトラバースを終えて結局岩稜を直登した。無事に農鳥岳を過ぎ大門沢下降点に行く。昼を過ぎてしまったため、雪はかなり怪しい。日当たりも良くザラメ状態になっていて、まっすぐに降りるのはリスクは高いと判断し、左岸の夏道を下る。上部の灌木タイを過ぎて、モミ?ツガ?の針葉樹林帯に入った。針葉樹林帯の中は日もあたらず雪がさらさらでしかも深い。腰までのラッセルで思うように動けない。足下からどんどん崩れてしまう。泳ぐように何とか傾斜の落ちたところまで進む。沢の中を雪崩を心配しながら大門沢小屋を目指す。途中で右岸に何とか登り夏道沿いに下る。カモシカの通り道にもなっており、無数に転がる分を目印にトレースしながらもがく。右膝の痛みもひかずペースがあがらない。結局ヘッドランプをつけて何とか小屋にたどり着いた。登りもそうだが、とにかくラッセルの厳しい下部がつらい。
5:30北岳小屋−大門沢分岐12:30−小屋19:00

ゆっくりとテントを片づけてのんびりと出発。コースタイム3時間となっている。7時頃に出発しひたすら下る。このあたりは何とか古いトレースがついている。ストックがないのがつらい。太陽が上がり雪がザラメ状態になりアイゼン団子が出来る。吊り橋の少し前で2,3mの距離でカモシカにであう。あっという間に崖を駆け上っていった。僕なら30分かかるだろう。いいなー。ようやく取水口までたどり着き奈良田に降りる。取水口までは発電所の所員が定期的に訪れると言うことで、かなり整備されておりトレースもしっかりとついている。最終日も時間がかかり最後は「焼き肉ビール」を喰う。と決めて何とか歩いた。今回、北アルプスとどっちに行こうか迷ってあみだくじで決めたものだった。結果的に天候や、その他を考えてすごく良い山行だった。自分の課題も分かってきた。(というか弱点か)一番は足の蒸れ。プラブーツのインナーがぐっしょりに濡れてしまい、帰ってきて1週間くらいしばらくは足先がしびれていた。来年は革靴を買おうとも思うし、靴下やロクスノで、山岳スキーヤーの新井さんが触れていたみたいに塩化アルミニウム溶液とか、試行錯誤が必要だと感じた。
小屋発7:00-奈良田発電所12:30

 
 




活動TOPへ